「来年の夏までには絶対痩せる!」あれ、そのセリフ、去年も言っていたような…?なんて経験はありませんでしょうか。当サイトではダイエットに関する様々な情報を幅広く提供しています!

ストレスがダイエットを失敗に追い込む理由

ストレスが溜まっている女性

ダイエットは、好きな食べ物を我慢するなど、自分を抑制することが多い環境を作ります。
ただでさえ、ストレスが否応なく溜まりやすい世の中で、毎日忙しくし、さらにダイエットをするとなると、思った以上に精神的に追い込まれる状況になるのかもしれません。

人間はストレスが溜まると、脳がそれを発散しようとして過食傾向に陥ります。
過食をすることで自分の気持ちを満足させるので、自分自身が壊れないために自己防衛本能が働いている結果といえます。
それに、あまりにストレスをためすぎて深刻化すると、脳にコチゾールと呼ばれる脂肪をつけやすくする物質が分泌されて、かえって肥満の原因にもつながるため注意が必要です。

ダイエットを失敗してしまう理由には、無理な方法を継続してストレスが溜まり、体調を壊すことが主な原因の一つといえます。
それは、ダイエットをしてストレスをため、過食してしまい、それによって罪悪感に陥り、さらにストレスが溜まり、そしてまた過食に走ってしまうという悪のループに陥ってしまうからです。
もちろん、過食を繰り返せばダイエット自体が難しく、嫌気がさして途中で投げ出してしまうのも仕方がないと考えられます。

しかし、そこまでストレスをためて過食をしてしまうのも、真面目にダイエットをしたい、きれいになりたい気持ちの裏返しなのではないでしょうか。
ダイエットにまじめに向き合った結果、自分を精神的に追い込まれる状態にしてしまったと考えられます。
ダイエットすることは良いですが、体調を壊してしまっては、元も子もありません。

難しいかもしれませんが、ダイエット中は自分にそこまで負担をかけない方法を選択して、実践することも大切です。
過度なダイエットは避けるようにして、自分のできることから始めてみると良いでしょう。
突然食べる量を減らすのではなく、徐々に減らしていき、体調の悪い時や気分が落ち込んでいる時は、好きなものを食べたり、好きなことをしたりしてリラックスする必要があります。
体と心のバランスを良くすることで、健康的にダイエットはできるので、無理をしてはいけません。

人間は追い込まれるとストレスが溜まる生き物

ダイエットに限らず、人間は追い込まれるとストレスを溜めやすくなります。
ストレスが溜まると、過食をはじめ、ホルモンバランスの乱れによる体調不良や不眠など、たくさん不具合が体や精神に生じてきます。

そうすると、仕事の効率も落ちて、失敗をすると自分を責めてしまい、ストレスの悪循環に陥ってしまうのです。
これは、ダイエットの時と似ていますが、自分を責めてしまうこと、すなわち罪悪感を持つことに原因があると考えられます。
人によって、この罪悪感の感じ方に違いがありますが、真面目に取り組もうとする人ほど悪化する傾向が見られます。
仕事など嫌気がさしても、投げ出さず最後まで取り組むことは良いですが、ストレスが深刻になる前に、時にはSOSを発信して、誰かに頼ったり助けてもらったりすることも大切です。

人によって、職場や家庭環境など、ストレスが溜まる理由は様々で、感じ方もそれぞれ違います。
しかし、いずれにしろ人間は追い込まれるとストレスが溜まる生き物であって、ストレス知らずの人はそんなに多くないといえるでしょう。
それでも、人間は、このストレスを背負って生きていかなくてはいけません。
では、どのようにしてこれと付き合っていけば良いのでしょうか。

それは、ダイエットの時にも同じことが言えますが、無理をしないで、限界が来る前に好きなことをして発散することが大切です。
例えば、普段デスクワークで机の前に座りっぱなしの人は、ストレス解消に少し体を動かすと気分も変わります。
もし、没頭している趣味があればそれに時間をたっぷりとかけて、充実した時間を味わうのも楽しそうです。
上手にストレスと付き合っていくことは、病気の予防にもつながり、健康的な毎日を過ごすカギにもなります。
時には、仕事をさぼったり、好きなことをしたりすることは大切です。
その時は、罪悪感は持たないで、心を解き放ち、ゆっくりとリラックスしましょう。