「来年の夏までには絶対痩せる!」あれ、そのセリフ、去年も言っていたような…?なんて経験はありませんでしょうか。当サイトではダイエットに関する様々な情報を幅広く提供しています!

フルーツダイエットは辞めた方がいい!失敗例

フルーツ

フルーツダイエットは朝ごはんをフルーツに置き換えて、お昼や夜は自由に普通に食べていいというダイエット方法です。
フルーツでしっかりと栄養も取れるし、昼と夜は普通に食べることができるのでストレスもなく簡単に痩せることができる、と思われがちですが、逆に太ってしまったり肌の調子が悪くなってしまうなど失敗してしまうケースも多くあります。

よくある失敗例は、お昼と夜は自由に食べていいからとつい食べ過ぎてしまうということです。
午前中をヘルシーにして摂取カロリーを少なくしても、その他でカロリーを摂取しすぎてしまえばダイエットができるどころか逆に太ってしまうのも仕方がないところです。
フルーツダイエットをするのであれば、お昼と夜も栄養バランスを考えて食べ過ぎないように気を付ける必要があります。

またフルーツは栄養も豊富なので栄養管理がきちんとできていると勘違いしてしてしまうこともフルーツダイエットが失敗してしまう原因です。
フルーツはビタミン類など栄養が豊富なものもたくさんありますが、それだけでは体に必要な栄養をすべて補給してあげることができません。
フルーツをたくさん食べているから大丈夫と思っているうちに、体に必要な栄養が足りなくなってしまってというような状態に陥ってしまうこともあるので気を付ける必要があります。
フルーツダイエットをしているつもりがただの偏食になってしまっている場合もあるので、どんな栄養があるのかなどきちんと把握することも大切です。

フルーツゼリーや缶詰をたくさん食べているという場合も注意が必要です。
フルーツがたくさん入っていて手軽に食べることができるフルーツゼリーと缶詰ですが、糖分が多く含まれているので食べ過ぎてしまうと血糖値を上げてしまったり、中性脂肪を増やしてしまう可能性があります。
健康的に無理なくダイエットをしていくためには、上手に栄養バランスを考えてフルーツを食べていくことが大切です。

フルーツをダイエットとして取る場合のおすすめレシピ

午前中はフルーツを食べて、お昼と夜は普通にご飯を食べても大丈夫なのがフルーツダイエットを始めやすいポイントですが、フルーツばかりをそのまま食べていると飽きてしまいます。
そこで飽きないでおいしくフルーツを食べるためのおすすめなレシピがあります。

たくさんの種類のフルーツを一度に取るならスムージーにするのがおすすめです。
自分の好みのフルーツやヨーグルトなどをミキサーで混ぜるだけでいいので朝の忙しい時間でも簡単にスムージーは作ることができます。
レシピも決まったものはなく、自由に組み合わせて自分の好みの味を作ることができるのでおすすめです。

寒天を使ってオリジナルのフルーツゼリーを作るのもダイエットに効果的です。
寒天は食物繊維が豊富ですから、フルーツの栄養と寒天の食物繊維を一緒に取ることができるので、おなかの調子を整えることもできます。
缶詰を利用すれば簡単に寒天のフルーツゼリーを作ることができて、食べ応えもありますし腹持ちも意外にいいのでおすすめです。

寒天のフルーツゼリーのレシピは、まず鍋に水に寒天を入れて溶かしていきます。
そこに缶詰でも皮をむいたフルーツでもいいので溶けた寒天の中に混ぜていき、ある程度覚めたらあとはタッパーなどに移し替えて冷蔵庫に入れて冷やすだけです。
水の代わりに牛乳を使ったり、果汁のジュースにしてみたりとアレンジもいろいろできます。
寒天のフルーツゼリーはカロリーも少ないですし、フルーツの栄養素と寒天の食物繊維をたっぷりと取ることができるのでダイエットに向いているおすすめのレシピになります。

イチゴなどを凍らせてシャーベットにしてみるものデザート感覚でおいしく食べることができて簡単なレシピなのでおすすめです。