「来年の夏までには絶対痩せる!」あれ、そのセリフ、去年も言っていたような…?なんて経験はありませんでしょうか。当サイトではダイエットに関する様々な情報を幅広く提供しています!

本格的に肥満治療が必要な人のBMI値とは

BMI値を記録する女性のイメージ

太っていることや痩せていることの肥満度をあらわす指標として用いられるのがBMI値です。
現在ではBMI値は国際的に使われている数値で太り過ぎややせ過ぎは病気にかかるリスクが高くなるため、健康維持のためにもBMI値は把握していることは大切なことです。

肥満の基準は国によっても異なっており、世界保健機構の基準ではBMI値は30以上が肥満で、日本肥満学会ではBMI値が25以上の場合は肥満としています。
BMI値が18.5未満では標準よりやせている状態で、やせ過ぎも良くありません。
食欲がなかったり身体を動かすことに不足を感じる場合にはしっかりと食べて適度に動くことが必要です。

18.5~25未満では標準範囲内なので今の体重を保つように努めます。
体重が標準であっても体脂肪率が高いと隠れ肥満となるため、身体を動かすことが不足している場合には適度に動くことも必要です。
数値が25以上の場合は、標準よりも高いため肥満気味です。
肥満は生活習慣病を引き起こすことにつながるため、食生活や生活習慣を見直し、適度に身体を動かすなどの改善が必要です。

数値が25以上の場合は、脂質異常症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病にかかるリスクは2倍になり、数値が35以上になると高度な肥満となり積極的な減量治療が必要です。
本格的に肥満治療が必要な数値は病院などによっても異なりますが、BMI値が35以上が高度肥満と定義されているので本格的に病院などで治療をするなら数値は35以上となります。
BMI値が25以上でさらに高血圧や脂質異常症などの肥満関連疾患が1つ以上ある場合や、内臓脂肪の面積が100平方センチメートル以上の場合は、肥満症となるため本格的な治療は治療です。
肥満自体は病気ではありませんが、病気になりやすく特に内臓脂肪が多い場合は病気を引き起こされる可能性が高いため、早めに病院などで治療をすることが健康維持のためにも大切なことです。

肥満治療も場合によっては保険が効く

本格的な治療は肥満外来で可能です。
肥満外来では病院の診療科に設けられた専門の治療が可能な外来で、精密検査やカウンセリングなどにより、原因を探して個人に合わせた治療が可能です。
この外来で本格的な治療が可能な状態は、健康診断などでメタボリックシンドロームや予備軍と指摘された場合や、生活習慣病の治療中でも思うように減量ができない場合、無呼吸症候群の症状がある、膝痛や腰痛がある場合などです。

肥満外来では保険が適用になる場合があります。
保険が適用される場合は、35を越えるBMI値の高度な状態の場合や、生活習慣や睡眠時無呼吸症候群、膝の痛みや腰痛など健康障害がある場合は保険が適用される可能性が高いです。
病院によっても適用される範囲が異なる場合があるので事前に適用範囲を確認することが必要です。

治療の内容は、医療機関などによっても異なりますが、食生活や生活習慣の改善を目指す療法、行動修正療法などを中心にして、食欲を抑制する薬や脂肪吸収抑制剤、漢方薬などを使った薬物療法、脂肪を取り除く脂肪吸引、脂肪を溶かして体外に排出する効果のある脂肪溶解注射などがあります。

肥満治療では基本的に食生活を見直すことは必須です。
経過や状態に合わせて無理のないスケジュールなど目標を設定して、根気よく治療を進めることが大切です。
外来治療では、1ヶ月に0.5kg~1kg程度の減量をするように進めます。
食生活の改善は、摂取するエネルギー量のコントロール、栄養バランスを意識し食べ方などの見直しを行い、ゆっくり噛んで食べたり間食をしないようにしたり、アルコールの摂取はなるべく控えるなどの食べ方を改善していきます。

病院によっても対応範囲は異なりますが、保険適用になる場合もあるので健康障害を引き起こす可能性の高い肥満は早めに改善することが健康で生活するためにも大切なことです。